メインイメージ画像

検定が流行るのは教育が変化してきているからです

教員はただ教えるだけではありません。情報システムが広く普及するようになり、教員にとって求められる能力も変化しつつあるようです。

インターネットと言ったものの普及以前は、大学以上の教育を受けた教員は価値ある存在でした。知識にアクセスするには専用の教育を受ける必須があり、大学図書館などには専用の許可を持った人間しか入れず、学会で発表される内容は教員を通じてしか得ることが出来ませんでした。それにもまして地方では、カルチャー的な素養をもたらしてくれる先進的な人間、高い教育を教授した人間、それが教員でした。

分かりやすく言うならば、昭和の地方の学校であればピアノを弾けるのはその村では音大を卒業した先生だけでしたし、英語のマニュアルが読めるのは、英語の学士様のみだったわけです。

ネットの普及により、教育が硬直化しているのが明かるみになってしまいました。実際に実世界で必要とされる文書管理や、法律関係文書の書き方など生きる上に必要な技能を先生は教えられません。ビジネスの先端でどのようなシステムが使用されていて、何が期待されているのかなどは想像出来ないからです。且つ、一般的な社会人が身に着けているメールのエチケットやリスク管理なども教育者は無情にも教わることが出来ません。

社会人としての経験などが殆どないからです。残念ながら、これでは教育と言ったものは求心力を失ってしまいます。

そう考えると各種の検定が流行する理由は理解するのは出来るのではないでしょうか。学校教育が、一部の学者とか公務員となる以外、あんまり役に立たなくなってしまっているのです。保険関係の知識が欲しければファイナンシャルプランナーの資格を取るための勉強をすればよいのですし、不動産の実務を身に付けたければ宅建の資格取得を目標とすれば事は足ります。

様々な検定用の講義もネット上で受けられます。ネット環境さえあればどこでも見られるのですから特別な教員はいりません。教育が求められるのは、どれ程の努力をすればよいかの、チェックするコーチ機能が求められます。ティーテャーがこのように、各種検定へのコーチング能力によって評価され、それがオープンになる時代が現在訪れつつあります。

更新情報